「愛の技巧、(後略)」終演しました

どうもこんにちは、
憂鬱なる11月の月曜日、いかがお過ごしですか。

大変ご無沙汰になってしまいました、
中野雄斗です。お世話になっております。


中野は先週の火曜日まで、
新宿区は中落合にありますシアター風姿花伝にて
劇団肋骨蜜柑同好会第8回「愛の技巧、または彷徨するヒト胎盤性ラクトーゲンのみる夢」
というお芝居に出演しておりました
(ご挨拶遅くなってしまってごめんなさい……。紹介記事すら書けてなかったし)。
気にかけてくださったり中野に声かけたりしてくださった皆様、
ご覧くださった皆様、
そしてそれ以外のすべての皆様。
ほんとうに、ありがとうございました。

客演どころか自劇団の公演の振り返りさえちゃんとやってないな、と思って、
せっかくだしたまには書いてみようかと思ったのですが、
そしたら9月の客演も書きたいな……あっ5月の客演も……いっそ今年の振り返りにする……? みたいな収拾つかない状態になりかけてるので、
とりあえず直近の「愛の技巧、(後略)」について書き出してみます。
半分は、このブログまだ生きてるんだぜっていうなんか、そういうアレです。


振り返るにはタイミングを逃してしまった感があるし、
だいぶだらだら書き連ねてしまったんですが
いちどすべて、中野の頭の中のものを文字に起こすという作業をしておきたくて。
中野なりのこれが作品と、あのころの中野への弔いだと思っていただければ。
奇しくもきょうで公演の初七日にあたるし。
どうしようもないくらい私的な記事であること、あらかじめご承知おきください。


劇団肋骨蜜柑同好会(以下「肋骨」)さんと中野とは、数年前からなんとなく面識があるみたいな状態でして、
中野が初めて拝見したのが、
今は亡きpit北/区域での「つぎとまります・初夏」だったと記憶しています。
それ以降の作品は昨年12月の「恋の手本 ~曽根崎心中~」やいわゆるミラフェス、を除き観ているはずなので、
劇団単位で作品を観たりすることの滅多にない中野としては、稀有なことだなぁと思ったりしています。
じつは肋骨さんにはこれ以前にも一度、
(やはり代役的なニュアンスで)出演を打診していただいたことがあったんですが
そのときは中野のポカで反故にしてしまったので、
今回、代役とはいえお世話になれたのは大変うれしかったのです。


とはいえ。
やはり彼の代役というのはどう考えても責任が重いし、
観にいらっしゃるお客様もそういう目でご覧になるんだろうなあ、怖いなあ、
すでに稽古してる座組のひとたちからも「あいつが代役かぁ」みたいな感じで見られるんだろなぁ……
なんて気分で、
9月のOM-2の劇場入り直前に初めて稽古場に行ったのでした。いちど顔出しておかないと、ちょっとしんどい気がして。
(OM-2もできれば観てもらいたかったし……)

いや、すごいよくしていただいたんですよ。有難いことに。
でもその日の台本読みやエチュードの端々に、もうすでに演出がついているであろう匂いを嗅ぎ取ったりして、
あー途中参入ってこういうことだよなぁ、頑張らねば……とも思って。
というか、台本読みの時点ですでにほかの俳優さんがたが上手くて、
げー! そんな読み方するのかよ! マジかよ……!
勉強になるなぁ、なんて稽古のたびに思いつつ緊張感のある日々を過ごしていました。

中野が稽古に本格的に合流してしばらく経つまでは上演での配役を決めず、
役をシャッフルしながら台本を読んでいたのですが、
結果的に自分が演りたい(そして彼が演る予定だったであろう)役を頂けました。
これは初めて台本を読んだときに直感で「あ、この役かな」と思ったのですが、
それが先入観になってなかったならよいのだけど……

中野の登板が決まったタイミングではまだ台本が完成していなかったというのもあるし、
脚本のフジタさんがアテ書き(演じる俳優に合わせて台本を書く、みたいなやつ。伝われ)っぽい書き方をするらしいというのもあり、
結果的にはだいぶ(日常での)中野に近い役柄を頂く形になったなぁ、と思っています。とてもありがたいことなんですが。
それがよかったかどうか、今となってはわからないのですが。


ときたま「おまえは代役なんだぞ」っていうよくわからない声が
自分の内から聞こえてきたりもして、そのたびに
こんなに関係者からよくしてもらっていいんだろうか……こんなに愉しくていいんだろうか……みたいなことを考えていたんですが、
それでくよくよしたりするのは何に対しても誰に対しても失礼だと思って、どうにか抑え込んでました。
もう開き直ってやるしかないだろう、と。開き直るしかなかったんですが。


おかげさまでとても愉しく、またとても緊張して舞台に立つことができました。
あんなに本番の開場がこわい舞台も久々でした。いまだかつてなかったかもしれない。

何がこわかったか、うまく言葉にできる自信はないのですがひとつには、
自分(の役)が作品の頭とほぼおわりを(ほとんどひとりで)方向づけなきゃいけない、
みたいなプレッシャーだったのかなぁ、とか思っています。

あと、いわゆるカーテンコールにあたる場面。僕以外の俳優がひとりひとり焼香し徐々に舞台を解体していくというのが、
競演者ぜんいん敵に回られたみたいで
こわかった、というより、つらかった。
この輪廻のなかにこのひとたちは何も思わず組み込まれていくんだろうか、という気持ちになって。自分以外全員敵みたいな。
この場面で拍手を頂く回もあったのですが、そのときは観客までグルになって、
人どころか劇場全体が敵みたいな気がしてとてもつらかった。
もちろん役としてあの場にいたしこれは役の感情、であってほしいんですけど、とにかくつらかった。
気づけば毎回あの場面では泣いてた……

そんなこんなありつつ必死に駆け抜けた、(中野にとっては)1ヶ月半くらいの出来事でした。

得るものも出会えたご縁もちょっと整理が追い付かないくらいに多くて、
どうにかこれから大事にしていけたらな、と思っています。

肋骨主宰であり脚本・演出・出演のフジタタイセイさんはじめ素敵な競演者のみなさま、
肋骨劇団員・スタッフのみなさま、
そして再度になりますが気にかけて/ご覧になってくださった、またはそうでなかったすべてのみなさま。

ほんとうに、ありがとうございました。
中野が関わったことで少しでもなにかの足しになっていたなら、幸いです。



********


終わった公演のこといつまでも引き摺っててもダサいし、
とりあえず一通り書けた気がするので、このへんで。

自分につぎの予定がないというのはアレですね、
おセンチな気分になろうとしちゃうから気持ち悪いですね。

中野は年明けから社会的ステータスが変わる、はず(しょうもないポカとかしなければ)なので、
脇目もふらず演劇に齧りつけるというのはこれが最期の機会だったんだなぁ、とぼんやり考えています。
燃え尽きがすごい。

公演が終わってから知り合いとかに会って
「(中野は)演劇を続けるよ」と声をかけていただくこともあったのですが、
さて。どうなることか。



(石榴~。)の新作なり再演なりをやりたい気持ちはあるのですが、
すくなくとも作品のクリエイションはほかの劇団員に任せて
中野はそのバックアップができればいいな、と最近は思ったりしています。
幸いにも中村くんとか(立川さんとか)脚本・演出できるひとがほかにもいるし。

いつになるかはまだわかりませんけれど、もし、その機会がありましたら。
こことかで声を上げますので、どうか気にしていただけたら幸いです。



あ、肋骨さんの次回公演は来年4月28日(金)~5月2日(木)、
同じくシアター風姿花伝にて、だそうです(予定)。
まだ何もそれについては書いてないみたいですが、時期が近くなったらこちらとか、覗いてみてはいかがでしょうか。
https://rokkotsumikan.com/

あと、公演に関わった方たちの今後の予定については
競演者の山城秀之さんがTwitterでまとめてくださってたり、
https://mobile.twitter.com/hiroshimaya?p=s
(ちょっと遡ってください)

ほかにも制作のしむじゃっくさんとか
https://mobile.twitter.com/sym_jack?p=s

照明の少年さんとか
https://mobile.twitter.com/sho_nen/status/795206010684084224?p=v


いろんな方がいろんなところで今後もご活躍だそうなので、よろしければぜひ。
中野も積極的に気にしていこうと思ってます。ほんとにもれなく素敵な人たちなので。
どうか別の場所で、別の彼ら彼女らと出会ってみてください。

こんな感じで今日のところは失礼いたします。めっちゃ長くなりましたごめんなさい……
中野雄斗でした。

ご縁があればまた、どこかで。





愛の技巧1
愛の技巧2
愛の技巧3
スポンサーサイト

OM-2「9/NINE」

ご無沙汰しております、(石榴の花が咲いてる。)です。
暑い日が続いておりますが、お元気でしょうか。

(石榴の花が咲いてる。)の中野が、一昨年の「作品No.8」以来となるOM-2さんへの参加をします。
上演まで1ヶ月を切っているのですが……
演劇とはまた違った中野の活躍をご覧いただければ。どうぞよろしくお願いいたします。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


とある精神病棟、或いは老人施設を舞台に患者たちが身体丸ごとリズムを刻み、踏む、叩き捲る。
パーカッション、ヴォイスパフォーマンス、クラッピング・ミュージック……狂った9つのシーン。
既存の芸術ジャンルの壁を飛び越えようと試みた前回公演「Opus No.9」の改訂再演!



OM-2「9/NINE」

2016.09.
15(木) 19:30
16(金) 19:30
17(土) 15:30
於 日暮里SUNNY HALL
http://www.sunny-move.com/sunny/
(東京都荒川区東日暮里5-50-5 「ホテルラングウッド」4階
JR線/京成線/日暮里舎人ライナー「日暮里」駅南口より徒歩2分)
*60分前より受付開始
*開演時間を過ぎますと、入場できない場合があります


全席自由
【前売】¥2,800(学生¥2,300)
【当日】¥3,300(学生¥2,800)
【高校生以下】¥1,500
※学生は要学生証
※本公演のチラシを複数種類持参でキャッシュバック!
・2種類…¥200 ・3種類…¥300 ・4種類…¥400 ・5種類…¥500
・チラシをつなげると出てくるクロスワードに正解すると、更に¥100キャッシュバック!
(キャッシュバックは公演当日、受付にて実施します)
チラシは「9/NINE」特設サイト
http://om-2.com/works2013-/9NINE/index.html
からダウンロードできます。

ご予約は
GETTII オンラインチケットサービス(要登録(無料)、予約後セブンイレブンですぐ発券可能)
http://s.confetti-web.com/detail.php?tid=34410&
から、
ご予約のみ(チケットを当日受付にてお渡し)の場合は
https://ticket.corich.jp/apply/74866/
からどうぞ。備考欄に「中野扱い」とお書き添えくださると中野がとても喜びます。


構成・演出=真壁茂夫
音響監督・作曲=小田善久
映像=兼古昭彦

出演=
佐々木敦、柴崎直子、金原知輝、村岡尚子、鈴木瑛貴、稲垣和俊、大根田真人、山口ゆりあ、ポチ、丹澤美緒、中野雄斗
村田正樹、加藤信行、米澤一平 ほか

協力=
中村麻美、相良ゆみ、笠松環、ふくおかかつひこ、有馬直美、山口真由、橋本優希、黒川弥生、平澤晴花、高松章子、
上村なおか、伊藤全記、吉村二郎、TAPPERS RIOT、RHYTHM CARAVAN、双身機関、シーグリーン、die pratze、
「ダンスがみたい!」実行委員会、IDIOT SAVANT theater company

助成=芸術文化振興基金
協賛=d-倉庫

主催=OM-2
http://om-2.com/main.html

feblabo×シアター・ミラクルプロデュース「錯覚、して、沈黙。」

こんばんは、(石榴の花が咲いてる。)です。
深夜にごめんなさい。
なんと日付変わってきょうからなんですが、中野が客演いたします。中野は『距離感を見誤る'14』以来で歌ったりするとか。
どうぞよろしくお願いいたします。


―――――――

feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
「錯覚、して、沈黙。」

脚本:アリソン・グレイス
演出:池田智哉(feblabo)

於 新宿シアター・ミラクル
(〒1600021 東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F)
西武新宿線「西武新宿」駅・駅舎目の前、「グリーンプラザ新宿」向い/中央線「新宿」駅東口より徒歩約7分
劇場について→http://t-miracle.jp/

2016.05.
10(火)20時
11(水)20時
12(木)20時
13(金)20時
※上演時間は約75分を予定(途中休憩なし)
※受付開始・開場は開演の20分前

前売・当日:2300円
初日割引:1800円(10日20時のみ・当日可)
学生割引:1800円(要学生証提示・当日可)
高校生割引:1000円(要学生証提示・当日可)
ご予約について→http://ticket.corich.jp/stage/admin/login.php?id=74040



やよいは、本当に突然、俺のことが分からなくなってしまった…

<STORY>
カプグラ症候群(英:Capgras syndrome)
親しい家族、友人、恋人などが瓜二つの別人にすり替わっているという確信を抱いてしまう精神疾患の一種。
誤認の対象は人物に限らず、場所、物体、時間など多岐にわたり、自分自身を誤認する場合もある。
対象への感情的判断などといった心の問題を原因とする見方から、事故や病変による脳の損傷を指摘する意見もあり、
病態や成因についてはいまだ見解が一致しておらず、この現象が妄想なのか認知障害なのか議論がある。
現在、明確な治療法は、ない。

かつて映画監督を目指し、現在は会社員として働く柴田剛は、婚約者の奇怪な病症に困惑していた。
猜疑と嫌悪に満ちた冷たい目が、柴田を沈黙に追い込む。
「本当の剛君はどこ? あなたは本物じゃない」
執拗な恋人からの詰問は、疑念を膨らませるには充分であった。
普段のやよいはどこへ行ってしまったのか
どうすれば自分が本物だと証明できるのか
あるいは事実、自分は入れ替わってしまったのか――



<CAST>
大垣友(株式会社デフィプロモーション)
小畑はづき
河村慎也
渋谷裕輝
出口晶美(劇団ぽんこつロケット)
中野雄斗((石榴の花が咲いてる。))
Maggie(劇的集団まわりみち'39)

<STAFF> 
音響:DX乙女(でらおと)
舞台監督:奥谷崎智生 
制作:feblabo
プロデューサー:池田智哉

公演について→http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=74040
feblaboについて→http://feblabo.net

―――――――


どうぞよろしくお願いいたします。

外部参加情報(中野) 10/16-19

夜分に失礼します、ご無沙汰してます。
(石榴の花が咲いてる。)の中野雄斗です。みなさまお元気でしょうか?

毎度のことながら遅いご案内で申し訳ないのですが、今月16日(金)より出演舞台がございます。売れ行きが非常によく、19日くらいしか空いてないのですが……
よかったらぜひお越しください。


***

嗚呼14才!
あのころ僕らはメンヘラだった!

あのころ叫んだ
「大人はわかってくれない!」
今は叫ぶ
「ガキの心なんてわかるか!」
あのころの制服
今はもう着られない
大人になるにつれて増してゆく、心と内蔵の脂肪。

「14才は地獄だった、そして青春でした」



劇団くりびつてんぎょう
第13回公演『LINE』

作・演出:水野宏太

2015.10.
16(金) 19:00~
17(土) 14:00~・19:00~
18(日) 13:00~・17:00~
19(月) 13:30~・17:30~

於 ウッディシアター中目黒
(東京都目黒区上目黒2-43-5 キャトルセゾンB1F)

料金
3,500円(当日3,800円)
※19(月)17:30~のみ3,200円(当日3,500円)


キャスト
安藤清美
勝又悠里
木崎誠
合志英知
琴音きなこ
高橋真美
樹理
松岡ゆさ
和田修昌

風民
伊藤佳寿子
岡元健
菊池聡子
濱口陽平
奈綱郁美
中野雄斗
湊未来
福満さちこ
松葉聖奈
☆あみ★
西岡洋憲
加瀬夏子
門田友希
加藤志歩

小日向茜
藏合紗恵子


チケット予約は
http://ticket.corich.jp/apply/66876/033/
こちらにコメントいただいても対応いたしますので、お気軽に。19日以外は現状キャンセル待ちになってしまいますが、今のうちならなんとかなります、のでお早めにご連絡ください……
プロフィール

(石榴の花が咲いてる。)

Author:(石榴の花が咲いてる。)
2013年3月17日、『明るい家族計画』にて成立。おもに見世物をする。
だれでも構成員を名乗り、作品(見世物)を実施することができる。ライブハウス・講堂・大通り・公園・砂浜・ギャラリー・河原といった本来劇場ではない場所で、乾いた感情と湿った人間関係をいささか過剰に、感傷的に描く。また、人の目を引くことを第一に突飛な画造りに励んでおり、感傷的な台詞との差異に面喰らう観客も少なくない。
目標は(石榴の花が咲いてる。)という名称が音楽・絵画・映画・演劇などのようにひとつのジャンルとして成立すること。

問い合わせ先zaccuro☆hotmail.co.jp(☆→@)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR